• 営業 冨澤 博貴(2011年入社)
  • 技術 大澤 光晴(2006年入社)
  • フロント業務 渡辺 千紘(2008年入社)
  • 管理課長 矢部 保(1995年入社)
  • 営業部長 上平 純一(1983年入社)
  • 2005年入社
  • 菱田 圭一
  • Keiichi Hishida
技術 >菱田 圭一(2005年入社)

新しいことを一から学ぶ面白さがあった。

新しいことを一から学ぶ面白さがあった。私は大学時代、設計やCAD等を専攻していましたが、就職先を考えたとき自分で体を動かす仕事をしたいと思い、出会ったのがサコスでした。日常生活では触るチャンスのない建機ですが、やる以上は色々な機械の整備に携わりたいと考え当社に入社を決めました。サービスマン(技術)として私が配属されたのは、市川営業所の整備工場。整備工場では、現場から戻ってきた機械やこれからレンタルに出す機械の点検をし、壊れているところがあれば修理をします。また、レンタルしている機械がトラブルを起こした時には、工事現場に出向いて点検・修理(出張修理)を行うこともあるんですよ。油圧ショベルや発電機・送風機などに至るまで、あらゆる機械を担当ごとに整備するのが、サコスのサービスマンの仕事です。色々な種類の機械を覚えるのは大変ですが、反面それは大きなやりがいであり面白みでもあるのです。

感謝される瞬間がサービスマンのやりがいの一つ。

感謝される瞬間がサービスマンのやりがいの一つ。修理に没頭できるのは、機械いじりが大好きな私にとって本当に充実した時間です。毎日時間が足りないくらい、楽しくてしょうがない(笑)。しかしそれだけでなく、出張修理でお客様に修理内容を説明したり、事務処理をするのもサービスマンの仕事のうちです。以前難しい出張修理が発生したことがあり、自分自身現場で直せる自信を持てないまま、色々と悩みながらお客様のもとへ向かいました。現場に到着しお客様に急かされながらも必死に修理を行ないましたが、時間は相当かかってしまいましたね‥。でも最後まで完璧にやり遂げ、お客様に「ありがとう。助かったよ」と感謝の言葉をいただいた時の嬉しさはひとしおでした。その時、「働く喜びとはこういうことか」と気付かされました。

サコスの商品への信頼を創っている誇り。

サコスの商品への信頼を創っている誇り。お客様からすれば新商品だろうが使う頻度の少ない商品だろうが、すべてサコスの商品です。そして、私たちサービスマンはそれらを直す修理のプロ。色々な修理を経験するなかで、「プロ意識がかなりついてきたな」という実感があるのは確かです。でも、現状の技術力や知識に満足してはいられません。整備した機械が壊れでもしたら、サコスの信頼が一気に吹き飛んでしまうという責任感がありますし、サコスの商品への信頼を創っているのは自分たちという誇りもあるのです。そのプライドが、「もっと腕を磨きたい」という想いを、後押ししているのかもしれません。将来は、どんな機械の出張修理も完璧に対応できる、オールマイティなサービスマンを目指していきたいです。

ページトップへ
  • 営業 冨澤 博貴(2011年入社)
  • 技術 菱田 圭一(2005年入社)
  • フロント業務 永島 佳奈子(2009年入社)
  • 管理課長 矢部 保(1995年入社)
  • 営業部長 上平 純一(1983年入社)
  • 仕事紹介トップへ
  • エントリーはこちら
  • セミナー情報