サコスの仲間

お互いにフォローし合えて、自分らしくいられる社風が魅力

入社のきかっけは「人の良さ」。そのイメージは現在も変わらない




石作
サコスと出会ったのは、大学の会社説明会でした。質問コーナーで手を挙げたら話が弾んで、その後も親身になって対応していただけたので、入社を決めました。会社は「人」で成り立っているので、「雰囲気が合う」という実感は重要だと思っています。入社後もその印象は変わりません。先輩や上司には何でも相談できるし、教えてくれる。働きやすい会社だと思っています。
鹿島
私も、大学の説明会で知って興味を持ちました。「社会人は厳しい」といわれますが、サコスの担当者からはいい意味で厳しさを感じなかったんです。
小林
私は大学のキャリアセンターで紹介されました。「和気あいあいとした社風」「事務の仕事」というキーワードを伝えたところ、「ここがいいんじゃない?」と。実際に働いてみると、単なる仲良しではなく「チームワークがいい」というイメージですね。仕事ではさりげなくフォローしてくださる先輩ばかりです。
鈴木
説明会で話が弾んでというのは私も同じです。初めはサービス業に就きたいと思って営業職で入社したのですが、現在はフロント業務を担当しています。お客さまと話すのは得意ですが、4年半営業職として働いてみたところ、その特性はフロント業務の方が活かせると感じました。必要に応じて職種転換ができるのは、良いことだと思います。
須藤
私は、大学では生物化学を学んでいたのですが、バイクに乗っていたこともあり、機械に興味があったんです。サコスは大学の専攻を問わず技術職を募集していたので、「やる気」を買っていただける点に魅力を感じました。希望通り技術職として入社しましたが、つねに改善進化しようとする社風はすごいと思っています。
石作
建設機械のレンタルという仕事は、学生時代には馴染みがありませんよね。実際に仕事に就いてから感じたのは、何もなかった土地に、サコスの機械が入って1〜2年後には大きなビルが建つ、というインパクトの大きさです。建物や道路など「当たり前の生活」を支えているインフラは、私たちの仕事がなければ出来上がらない。今はそんな気慨を持って仕事をしています。
鈴木
現場で使う機械をサコスだけでそろえようと思ったら、全て集められると思いますよ。人や資材の段取りは他の会社が行いますが、機械関係なら任せておけ、という自負はあります。
須藤
私はとにかくいろんな機械に触れられるのが楽しいですね。普通は入れない場所、例えば建設中の道路やトンネルを歩いたり、裏側を覗けたりするのは、単純に面白いですよ。
石作
ものづくりに携わっている、という実感がある仕事ですよね。初めて訪れたときは更地だったのに、次に行くと橋脚が建っていて、その次に行くと上に道ができている。その都度「おーっ!」と思います。
小林
フロント業務の仕事では現場を見るチャンスはあまりありませんが、私は備品レンタルという社内唯一の部署にいるので、実にさまざまな依頼が舞い込みます。時々「そんなのどこにあるの?」と唖然とする依頼もありますが、探してみると案外見つけられるもので、知識や経験が増えていく楽しさがありますね。

先輩から学びながら、部署間で連携して仕事を進める




鹿島
入社してすぐの頃、クレーンの引き取り依頼を受けて運搬車を手配したのですが、伝票に記載する日付を間違えてしまったことがあります。運搬費は安くないので、それなりの損害を出してしまいすぐに、上司に報告したのですが「次に頑張ればいいよ」と言ってくださったんです。有り難かったですね。それ以後、「仕事は正確に」を徹底しています。
鈴木
失敗しても逃げずに、やり続けることは大切ですよね。私は営業時代、お客さまに提出するはずだった見積りとは別の見積もりを出してしまったことがあります。私一人が謝罪しただけでは収まらず、部長に同行してもらって事情を説明することでなんとかお客さまにお許しいただきましたが、かなり気まずい状況でしたね。でも私は、その後もお客さまの元へ通い続けることで、もう一度現場の方々と打ち解けることができました。
小林
普段は内勤ですが、営業に同行して現場に伺うと、とても勉強になります。ハウスを建てる場所が不安定だったり、途中の道路の道幅が狭かったり、備品を手配する際に確認すべきポイントがよく分かりますから。営業との連携も、よりスムーズになります。
須藤
失敗談ではありませんが、お客さまに呼ばれて出張修理に伺うときは、すごくプレッシャーを感じます。昨日整備したときは動いたのに、なぜ現場に出たら動かないんだ、ということもありますが、工場を確認しても代わりに出せる機械がなかったりすると、とにかくそこで直さなくてはいけない。責任の重さを感じますが、それが仕事のやりがいでもあります。
石作
機械の知識は技術の方がずっと上ですから、いつもお世話になっています。とくに新人の頃は、お客さまの言葉の意味すらわからなかったので、聞いたままを伝えて、その都度教えてもらいました。今は私が後輩に同じように教えていますが、それもこの会社の伝統だと感じています。
須藤
技術職も、基本的な仕事の流れは先輩と一緒に仕事をすることで学びます。先輩の背中を見て学び、お客さまに対応することで学ぶ。決められたマニュアル通りにできる仕事ではないので、それが大切だと思います。
鹿島
フロント業務は、他部署との関わりの多い仕事です。営業からは手配を依頼され、技術からは「できない」と言われ、ではどこから引っ張ってくるかと考える。ある意味、いつも板挟みです(笑)。
鈴木
フロント業務はあらゆる情報が集まってくる担当・役割の仕事なので、それをどうさばくかが重要なんです。営業に「お客さまと調整して」と言いつつ、技術には「何とか整備を間に合わせて」とお願いする。現場の規模や優先順位など、全体を考えて機械の流れをコントロールするのが仕事だから、私は「第2の営業」だと思っています。

いつも周りを気遣い、女性も働きやすい風土




小林
CSA課は、営業と技術の連携だけでなく、全営業所間のつながりが重要な部署です。言い換えれば全営業所がお客さまです。職種間も含めて会社全体の風通しが良いので、その点で仕事はやりやすいですね。
鹿島
建設機械というと「男の職場」のイメージがあるかもしれませんが、サコスは女性の方が強いのではないでしょうか? (笑)
鈴木
そうかもしれないね!お客さまの中には職人気質の方も多いので、口調が強いでしょう。だから鍛えられるんじゃないかな。
小林
また、産休や育児休暇が取りやすいので、女性には働きやすい会社だと思います。時短勤務も選択できるし、私が入社してから見ている限りでは、結婚・出産を機に仕事を辞める先輩の方が少ないくらいです。繁忙期には残業することもありますが、休日出勤がないので、無理なく働き続けることができます。
鈴木
いつも周りのことを気遣っていて、助け合いができている会社だと感じています。私自身、いつも先輩方から助けていただいたので、困っている後輩がいたら声をかけるのが当然だと思っています。
鹿島
肩ひじ張らず自然体でいられる雰囲気がありますね。
石作
仕事ではみんなそれぞれ忙しく走るけど、それ以外では気軽に誘い合って飲みに行くとか、メリハリのある会社だと思います。
鈴木
みんなは、10年後はどんな自分になっているだろう?
須藤
修理整備の経験を積んで、なんでも直せるサービスマンになっていたいですね。
石作
所長になって、部下を指導しているイメージでしょうか。自分がしてもらったことを、部下にも伝えられるようにしていきたいです。
鹿島
私は結婚して、子供がいて、家庭と仕事を両立する生活を送っているのが理想かな。
小林
私もそう思います。
鈴木
みんながそれぞれのスペシャリストになって、公私ともに充実できるような会社にしていきたいです。
Pagetop